菓子作りのために通学する|人気がでてきたポーセラーツ|自分だけのオリジナル食器作れる

人気がでてきたポーセラーツ|自分だけのオリジナル食器作れる

女の人

菓子作りのために通学する

ウーマン

通学するか現場に出るか

将来、パティシエなどの製菓関係の仕事をしたい方は、製菓の専門学校に通うか、先に現場で働くか迷うところでしょう。現場でも働きながら学べると思いがちですが、経験のない人はできる役割も限られてきますので、就職するには製菓の専門学校に通っていた方が有利です。雇う側からすれば当然のことです。また、お店で学べるにしても、各店の特有の癖がありますので、一度、体系的に学んでおいた方が、実践での理解も深まります。製菓の専門学校では、大きく分けて、洋菓子、和菓子、パンの学科があります。また、2年通いで1年次は製菓全般の基礎を扱うこともありますので、目指す方向が決まっていなければ、基礎を受けておいた方が、先々の選択肢も広がります。

学校選びはどうするか

専門学校選びの際には、どのような視点があるでしょうか。まず、有名なパティシエ、職人の出身校や、各学校の卒業生の進路は調べておきましょう。もし別の仕事をしながら通う場合は、夜間コースがあるかどうかも重要です。さらに、グループで一つのメニューを作るのか、各人で作らせてもらえるのかも大事です。体験レッスンや評判などを確認しておきましょう。学校によってはフランス留学を視野に入れたコースもありますので、洋菓子なら、選択肢の一つとして考えておく必要があります。学費は材料費が含まれますので、他の専門学校よりも高くなりがちです。良質な素材を使えば、それだけ貴重な経験になります。ご自分の経済状況なども勘案して判断すると良いでしょう。